So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

みなと八朔祭〜還幸祭(神輿編) [祭り・イベント]

今朝は6時ジャストから、神輿を海に入れる
「お浜入り神事」が行われる予定でしたが
気がつけば、あわわ〜6時20分!!

慌てて現地・和田町に向かうと
「ダイリョ〜!ダイリョ〜!」(大漁の意味)
勇ましい掛けが聞こえたので
声の方向へ走っていくと、勇壮な光景に遭遇〜!

IMG_5740.jpeg


「お浜入り神事」は見逃してしまいましたが
町内を荒々しくもみ進む光景に出逢えてラッキー!

昨夜は女性が主役でしたが、今朝は男性が主役。
百人近く?ものふんどし一丁の男たちが
重い神輿を掛け声をかけながら交代で担ぐのですが
景気付けに神輿共々大量の水を浴びせられ
時には見物人もびしょ濡れになることが。
IMG_5762.jpeg


やがて県立海洋高校前にある聖地・御腰掛岩に
近ずくと、神輿の動きはクライマックスに!!
IMG_5802.jpeg
IMG_5824.jpeg


神輿は一旦、「御腰掛岩」に安置されます。

江戸時代、この辺りは
波が押し寄せる海岸だったそうで
ある日の朝、和田町の住人・何某が、岩の上に
光り輝く御神体が漂着しているのを発見!
後日、天満宮に祀られたとの言い伝えがあります。

海岸が埋め立てられ、道路が整備されて
地形が全く変貌した今もなお
神事に欠かせない聖地として崇拝されています。
なので昔から、神輿は和田町の男衆が担ぐもの
という決まりがあったそうです。
IMG_5830.jpg
IMG_5834.jpg


神輿が御腰掛岩の上に鎮座すると大きな拍手が!
滅多に見られない非日常的光景なので
記念撮影をされる方も。

外しておいた擬宝珠を頭頂に嵌め込み
清酒をかけて神輿を清めます。
まさに〜御神体の里帰り〜なんです!

担ぎ手はここで朝食弁当を食べて小休止。
IMG_5858.jpeg


擬宝珠が外され、神輿もみが再開されました。
IMG_5886.jpg


今度は狭い急坂を上って高台(和田の上)に向かいます。
IMG_5930.jpg


高台に鎮座するのは
海上安全と豊漁に御利益のある「津神社」。
(同神社の裏手には市役所那珂湊支所が)
IMG_5948.jpeg


石鳥居をゆっくりと潜って境内へ。
IMG_5950.jpg


神社の大太鼓が打ち鳴らされる中
担ぎ手たちは大量の水を浴びせられながら
「ダイリョ〜!ダイリョ〜!」の掛け声と共に
地響きがするほど神輿を派手にもむので
殆ど神懸かり的な光景となりました。
IMG_5958.jpg


社殿前に神輿を安置して小休止に。
IMG_5968.jpg

擬宝珠の上から清酒をかけて
荒ぶる神輿をクールダウン?させる役員さん。
IMG_5975.jpeg


そして再開!
神輿は次なる場所へと向かったのでありました。
IMG_5987.jpeg


これにて、お祭り大好き男・SONOの
「みなと八朔祭」追っかけレポートはお終いです。

令和元年の夏祭りが全部終わっちゃって寂しい。

nice!(0)  コメント(0) 

みなと八朔祭〜神幸祭(風流物編) [祭り・イベント]

2年に一度の「那珂湊天満宮祭礼」
通称・みなと八朔祭が始まりました〜!

昨日は3日目の「神幸祭」ということで
旧明神町に各旧町内自慢の風流物(山車)が
弥勒、ささらも含め12台も大集結!

午後6時の花火を合図に
1台づつ旧市街地に繰り出しました。
IMG_5591.jpg


美しく着飾った
各町自慢の美女軍団を乗せた山車が
艶っぽい調子のお囃子と共に華やかに出発!
最もワクワクするハイライトシーンです。

IMG_5607.jpg
IMG_5608.jpg
IMG_5610.jpg
IMG_5637.jpg
IMG_5712.jpg
IMG_5705.jpeg


元気な子どもたちを乗せた山車も。
IMG_5668.jpg


祭りの主役となる神輿を共奉した神幸行列が
天満宮を出発して本町通りを通り
旧魚市場に設けられた御仮屋へと向かいます。

江戸時代から綿々と続く
漁師町・那珂湊の伝統に支えられた
時代絵巻のような行列には毎回感動するばかり。

IMG_5648.jpg
IMG_5651.jpeg
IMG_5655.jpeg


一方、各町の山車を引っ張る若者たちは
エネルギーを発散して祭りを謳歌している様子
これぞ”お祭りパワー”ですよね。
IMG_5635.jpg
IMG_5719.jpeg
IMG_5693.jpg


祭りは夜更けまで華やかに続けられました。
IMG_5700.jpeg


祭り最終日となる本日は
神輿が天満宮にお帰りになる「還幸祭」。
早朝から神輿のお浜入りがあったのですが
どうなったことやら?

nice!(0)  コメント(0) 

「東滑川ヒカリモ公園」にて [自然・生物・環境]

日立市の「東滑川海浜緑地」へ立ち寄りました。
ここは国道6号日立バイパスの北端部にあり
更に北に向かう市道の海側にあります。

2007年に遊歩道と海辺の広場などが整備され
一般に開放されましたが
今年7月には駐車場やトイレ、大型遊具などが
追加設置されてリニューアルオープンしたもの。

園内には全国的にも貴重な「ヒカリモ」
生息することから、今回公募により公園の愛称が
「東滑川ヒカリモ公園」と命名されました。
IMG_5853.jpeg

遊歩道の先には太平洋が望めます。
IMG_5854.jpeg


海の見える芝生の広場に設けられた大型遊具で
親子連れが楽しそうに遊んでいました。
IMG_5855.jpeg


遊歩道に沿って
「ヒカリモ」の自生する洞窟が2カ所あり
柵越しに内部を観察することができます。
IMG_5860.jpeg


洞窟内の水溜りには、神秘的な黄金の輝きが!
光り輝く原理は説明板をご覧あれ。
IMG_5861.jpeg
IMG_5859.jpeg
IMG_5863.jpeg


目の前の海岸には、小さな砂浜と海鵜が休憩する
可愛い「グミ島」が!
まるで箱庭のように美しい景色です。
IMG_5864.jpeg


小さな洞窟が海岸近くまで幾つもあり
以前はヒカリモが生息していました。
でも今では草薮や泥などに覆われて
存在を確認することができませんでした。

でも、これらのいくつもの洞窟は
どのようにしてできたのでしょうね?
しかも都合良く、ヒカリモの自生に不可欠な
水溜まりまで出来るなんて、何とも不思議。
IMG_5866.jpeg
IMG_5869.jpeg


北側の小高い丘の上には健康器具が設置された
「海の健康広場」があります。
IMG_5873.jpeg


更にその先を進むと公園の北端となる
砂浜(太田尻海岸)に出られます。
IMG_5875.jpeg


振り返ってみると、切り立った断崖が
波で浸食されたすごい景観が!

夏休みだというのに浜辺で遊んでいる人もおらず
まるでプライベートリゾートビーチのようでした。
IMG_5882.jpeg


この辺りからは本物の温泉が湧くので
公園入り口には無料の「温泉スタンド」が
設けられており、薄めて使えば家庭の風呂で
温泉気分を味わうことが出来るそうな。

さ〜て、今宵は那珂湊八朔祭を見に行かないと。

nice!(0)  コメント(0) 

2019年8月第4週の然々教室 [アート・カルチャー]

今日は何故か、ランチのお客さんがまばら?
そのせいか、教室の生徒さんもまばら??

それでも野菜を描くのが大好きな百足さん含む
3名の皆さんが集まってくれました。
IMG_5845.jpeg


こちらのカボチャは百足さん宅で収穫したものを
中身を描いて貰おうと包丁でカット!
IMG_5846.jpeg


手頃なサイズにカットしたカボチャを
他の野菜と並べてペン描きします。
IMG_5847.jpeg


彩色して完成したのがこちら!
主役となるカボチャの黄色い切断面に
生乾きインクを擦っちゃったのは残念ですが
あとは良い感じに仕上がりました。
IMG_5850.jpeg


こちらは夏野菜初体験の伊藤さん。
良く描けてます。影の部分もよく観察して
塗ったらもっと良くなりますよ。
IMG_5852.jpeg


夏野菜を描くのは
入会体験時以来という会沢さんでしたが
継続は力なり!
とても上手に仕上がりましたよ。
IMG_5849.jpeg


ということで、少数精鋭教室?ならではの
上々の出来栄えとなりました。


次回は「秋の合同野外スケッチ会」を
9月13日(金)に「ひたち海浜公園」で行います。
駐車料金・入園料は各自ご負担下さい。
参加できる方は午前10時までに
西口ゲート前にご集合下さい。
IMG_5832.jpeg

なお雨天時は、第4週コースの方も一緒に
然々で13時から行いますので
各自描きたいものを持参してお集まり下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

秋の兆し? [自然・生物・環境]

一昨日の雷雨あたりから急に涼しくなってきて
今朝8時半の気温は25℃にも。

猛暑に慣れきった軟弱な体には
幾分肌寒いほどですが
それでも湿度が94%もあるので
動くとすぐに汗ばんできてしまいます。

そんな中、毎年のことではありますが
庭のヤマボウシが赤い実をつけてきました。
IMG_5574.jpg


今年の夏はこれまで経験したことのないような
異常気象となりましたが、植物の生態系は確実に
秋バージョンに移ってきているようです。
IMG_5577.jpeg


これから徐々にヤマボウシの枝全体が
赤い実で覆われることでしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

残暑の中を海浜公園へ [自然・生物・環境]

午後から雨マークなので早いうちにと
開園時刻の9時半ジャストに海浜公園へ到着。

気温は30℃以下でも湿度が高くてムシムシするので
首タオルを巻いて、そろりそろりと参ることに。

先月末に孫たちを連れて来て以来
実に20日ぶりの来園でした。(大げさかな?)
IMG_5828.jpeg


早くも栗の実が登場してきて
蒸し暑い中にも秋の気配が感じられます。
IMG_5827.jpeg


古民家の前ではジニアとヒマワリが夢の共演!
親切にも展望台まで設けてあるので
インスタ映えの写真が撮れそうですよ。
IMG_5813.jpeg
IMG_5814.jpeg


秋の主役・コキアがぷくぷくと成長してきました。
素晴らしいと言うか、不思議な光景ですねえ〜!


丘の周りでは、今週金曜日(8/23)から始まる
「コキア・ライトアップ」イベントに向けて
照明・音響設備の大掛かりな設営の最中でした。
IMG_5817.jpeg
IMG_5819.jpeg


9月に予定の「然々教室・野外スケッチ会」の
下見を兼ねて、大好きな「記念の森」の入り口に
陣取ってスケッチしてみました。
IMG_5795.jpeg


緑一色だけでは冴えない絵になりそうですが
鮮やかな看板など”アイキャッチャー”
あると、景色全体が締まるので助かります。
IMG_5832.jpeg


絵が出来上がったところで
レストハウスでのリッチな休息タイムは
20日間ぶりの来訪なので奮発して・・。
IMG_5831.jpeg


帰りに、テラスハウスを覗くと
コキアライトアップの期間中に催される
愛子おばあちゃん手作りの「ひょうたんランプ展」
搬入作業が行われておりました。
IMG_5790.jpeg


ライトアップイベント(8/23〜9/1)期間中は
他にも「ジャズナイトコンサート」や
「和太鼓演奏」「夜の公園ぐるめめぐり」 
「クラフトワークス」など
多彩な催しが開催されるそうなので
気分転換に出掛けられては如何でしょうか?

nice!(1)  コメント(0) 

「おらが湊鐵道応援団作品展」開催中! [展覧会・ギャラリー]

出遅れましたが、コミュニティギャラリーでは
8月14日(水)から26日(月)までの2週間
夏休み恒例の「おらが湊鐵道応援団作品展」を
開催中です。
IMG_5717.jpeg

ローカル鉄道写真家・船越知弘さんの写真を中心に
応援団やご家族の作品、各種記録などを展示。
IMG_5718.jpeg
IMG_5726.jpeg

会場の一角には、6月23日に推定年齢17歳で
亡くなった駅猫「おさむ」のお別れ会の様子も。
IMG_5728.jpeg
IMG_5729.jpeg

船越さんが撮られた膨大な作品の中から
私好みの”花と湊線’をアップします。
IMG_5730.jpeg
IMG_5739.jpeg
IMG_5738.jpeg
IMG_5732.jpeg

この他、応援団お抱え絵師?志田正敏さんの
メルヘンチックな作品や
団員、ご家族の作品「糸かけ曼荼羅」なども。
IMG_5721.jpeg
IMG_5725.jpeg

那珂湊地区の古い記録写真や、船越さんが
これまでに出版された写真集などもあり
長時間にわたり熱心にページをめくる来館者も。
日中は団員さんが詰めておりますので
いろんなお話を聞けるかと思います。

「ロック・イン・ジャパン写真展」で、トンデモな
入場者数を記録したコミュニティギャラリーは
元の静けさを取り戻しました。(O_O)
皆さまのお越しをお待ちしております。

nice!(0)  コメント(0) 

'19 ひたちなか・ま夏祭り [祭り・イベント]

昨日は「ひたちなか祭り」に便乗?して
地元の元町自治会との共催で
恒例の「ひたちなか・ま祭り」が開催され
私も助っ人としてたっぷり汗をかいてきました。

会場はいつもと同じくWin-Winビルとホテルビル
“赤いROCKモニュメント”のある広場。

幸いにも前日の体温並みの酷暑から一転
涼しい風が通る最高の夏祭り日和でした。
IMG_5331.jpeg

正午の営業?開始と合わせて
様々なステージショーもスタートしました。

トップバッターの少女ダンスチーム「BOUNCE」は
大人も顔負けのセクシーなダンスを披露。
それにしても、近頃の女の子は早熟ですねえ。(^.^)
IMG_5353.jpeg

裏千家・三ツ石一門による本格的なお提茶も。
涼やかな浴衣姿で接客されました。
IMG_5394.jpeg
IMG_5426.jpeg

猫の手も借りたい(多分?)ほど忙しい
祭りの花形・バルーンアート女子。
IMG_5375.jpeg

子ども向けの工作や体験コーナーには
次々と子どもたちが殺到して大にぎわい。
IMG_5363.jpg
IMG_5396.jpeg
IMG_5406.jpeg
IMG_5538.jpeg
IMG_5411.jpeg

カキ氷が飛ぶように売れ過ぎちゃって
カップの在庫がなくなるほどの緊急事態に。
IMG_5555.jpg

和太鼓集団「和奏(わかな)」御一行が到着!
若さ溢れる力強い演奏を披露してくれました。
IMG_5428.jpeg
IMG_5440.jpeg

中学1年男子と同3年女子のトップペアーによる
洗練された社交ダンスには魅了されました。
これからの二人の活躍が楽しみです。
IMG_5487.jpeg

新メンバーが加わり
ますます官能度?アップのフラメンコダンスも。

そして、祭りのフィナーレは
大谷明市長のサプライズ来訪でした!!
IMG_5533.jpeg

時折、各町内の山車がやって来て
お囃子美女軍団が祭りを盛り上げてくれました。
IMG_5569.jpeg

祭りが終わった今日は
ぐ〜っと過ごしやすくなりましたが
夏祭りはこれで終わりではありませぬ。

今週末には「那珂湊・八朔祭」が予定されています。
また見に行かなくちゃ・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

万霊供養灯籠流し [祭り・イベント]

日没間際の那珂湊漁港へやって来ました。
IMG_5758.jpeg

毎年8月16日に開催される
万霊供養灯籠流し」に久々に参加しました。
今年で43回目だそうな。

厚紙製の灯篭を2基(1基500円)購入し
達筆な担当の方に父母の名前を書いて頂きました。
IMG_5762.jpeg

さらに、これを係りのおばちゃんグループに
渡して立体灯篭に組み立てて貰います。
IMG_5765.jpeg

さらにさらに、8基セットで台座に取り付け
ローソクを灯して会場に並べて貰います。

台風の余波で結構、海風が吹いているのに
全く消えないローソクたち。 (*^_^*)

着火しにくく、付いても直ぐに消えちゃうという
どこぞのキャンドルナイトとは
まるで格が違うのはなぜ? (*☻-☻*)
IMG_5770.jpeg

無数の色あざやかな灯篭たちが
魚市場の広〜いコンクリート床に
ズラリと並ぶ光景は何とも壮観なものです。
IMG_5768.jpeg

会場に設けられた祭壇では
市内全寺院の僧侶が集結して供養儀式が行われ
合間には大谷市長始め、地元選出の衆参両院の国会
議員や県議・市議、支援団体の代表など
各界の重鎮が来賓として集まり、スピーチや焼香が
行われるという格式の高い祭礼なのでした。

中でも若き大谷市長のスピーチは
とても格調高くて感動しました〜!
IMG_5771.jpeg

日がとっぷり暮れると無数の灯篭が美しく輝きます。
IMG_5786.jpeg

これらを何隻もの小型漁船に載せて海上に浮かべ
一連の行事が滞りなく終わりました。
IMG_5782.jpeg

令和初の盆送りに、このような形で
父母の供養ができて良かった。

nice!(0)  コメント(0) 

SONOも歩けば・・・ [ライフスタイル]

お盆が終わり、やっと自由な日々がやってきましたが
相変わらず巷は猛暑続き。
なので避暑を兼ねて、東京インテリアを散策しました。

高級家具の展示してある奥の方へ進んだら
グランドピアノによる自動演奏の真っ最中!
IMG_5750.jpeg
そこは軽食カフェのエリアになっていたんですが
今まで気がつかなかったなあ?
せっかくなので、ここでランチをすることに。
IMG_5749.jpeg
インテリアの店だけに、とても素晴らしい雰囲気。
IMG_5747.jpeg
IMG_5748.jpeg
思いもよらず、高級感漂う素敵な場所で
ランチを楽しめました。
IMG_5745.jpeg
次いで、ファッションクルーズを徘徊していると
あらら〜見慣れたROCK IN JAPANの
シンボルポスターが展示してあるけど?
IMG_5756.jpeg
そこには出演したアーティストたちの寄せ書きが
大きなパネルに出演日順に展示してありました。
こんなところで再び”ロックフェス”に出合うとは。
IMG_5757.jpeg
たちまち女性たちが好みのアーティストの寄せ書きを
見つけては、スマホで激写しておりました。
IMG_5751.jpeg
IMG_5752.jpeg
アーティストに無縁の軟弱オヤジには
誰が誰やら皆目見当もつきませんが
あらら〜下の方にある
「ゴールデンボンバー樽美酒 研二?」を
見つけました〜!!!
IMG_5755.jpeg
夕方から、那珂湊漁港で開催される
「灯籠流し」に出かけてきますね。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -